作家 箱 瀬 淳 一

私たちの活動は、残念ながらこの能登半島地震で途絶えました。

震災後、大変多くの皆さまから励ましとご支援を戴きました。心より御礼申し上げます。

    どうもありがとうございました。

 数千年に一度の地震が起こってしまいました。ものすごいエネルギーで、海は4メートル前後も隆起、大きなビルをなぎ倒し、輪島は壊滅的な打撃を受けました。

家の工房もしかり!

活動の基盤と抱えていた作品は、ほぼそのすべてが瓦礫の中になりました・・残念ながら。

 

 ただ幸いにして私たちの命は助かりました。

皆さまのご支援とで、あらためて前を向き、輪島の漆器づくりをしたいと思います。

少しづつでも、僕は、やるつもりです。

 工房の皆も頑張ると言っています。現時点でそれがどの様にできるのか、皆目見当もつきませんが、とりあえず一歩づつ前に歩みを進めます。

その上で皆さまのお力添えを頂ければ、大変ありがたく思います。

 あらためてお気持ちに感謝します。              

             箱瀬 淳一                  

    ⇒ 復興へのご協力のお願い 

想い

蒔絵、漆仕事

そこに必要なものとは?

道具、材料、技術

もちろんそうだ

 

ただ、それだけではこの「作品」が生まれることは勿論、

貴方の目を惹きつけることは無い

                 技術以上に大切なもの
         

         それは想いと好奇心だ

目前に広がる美しい景色を求め、異文化に出向く

そんな好奇心

 

 

そこで知ることに心を打たれる

触れたものに感動する

そして、大切にし、ぶれずにいたいものを思い起こす

無駄なものは何一つない

    日々の想いと感動が、

                     私たちの「作品」となる

この「作品」が貴方に出会い

もし貴方に何かを伝えられたなら

何かを感じてもらえたなら

その想いが大切にされ

何処までも繋がってゆくことを願う

それは私たちから貴方へというだけではない

                                        過去から未来へ繋がる

        伝統という
   
                    想いなのだから

<箱瀬工房から義援金のお願い>
2024年1月1日に発生しました能登半島地震によって工房の2つの蔵、もう一つの工房である家屋が倒壊してしまいました。
時間も資金もかかるとは思いますが共に働いてきた工房スタッフのために、今後も輪島の漆器を未来へ繋いでいくために工房を再建したいと思っています。
しかし、地震による被害は甚大で私たちだけの力では限りがあります。
もし、賛同してくださる方がいましたら義援金への協力をよろしくお願いいたします。

義援金の運用は道具や作品の救出や工房スタッフの生活資金、工房の再建を予定しています。今後の詳細も少しずつご報告したいと考えています。

再建しましたら何らかのお礼を考えておりますので、義援金にご協力してくださった方はインスタグラム、X、メール(shino.hakose@gmail.com)、都合のいいもので構いませんので、お名前、電話番号、住所、メールアドレスをお知らせいただけますと幸いです。
<口座番号>
北陸銀行
輪島支店(323)
普通 4019760
名義 箱瀬 淳一(ハコセ ジュンイチ)

<Donation request from Hakose Kobo>

The Noto Peninsula Earthquake that occurred on January 1, 2024 destroyed two of our warehouses and a house that was the other workshop.

It will take time and money, but we would like to rebuild the workshop for the staff who have worked with us and for the future of Wajima lacquerware.

However, the damage caused by the earthquake is so great that we cannot do everything ourselves.

If anyone agrees with us, we would appreciate your cooperation in making a donation.

 

We plan to use the donation to rescue many tools and artworks, to provide living funds for the workshop staff, and to rebuild the workshop. We will keep you posted on the details as they become available.

If you would like to contribute to the donation, please let us know your name, phone number, address, and email address via Instagram, X, email (shino.hakose@gmail.com), or whatever is convenient for you. 
We open Paypal account as this email.
shino.hakose@gmail.com

<箱濑工房希望義援金>

2024 年 1 月 1 日的能登半岛大地震毁坏了本作坊的两间仓库和另一间作坊的房屋。

虽然需要时间和金钱,但为了曾经一起工作过的员工,也为了轮岛漆器的未来,我们希望重建工作室。

但是,地震造成的损失如此巨大,我们不可能事事亲力亲为。

如果您赞同我们的想法,希望能够提供一些资助。

 

捐款将用于抢救工具和艺术品、资助工作室工作人员的生活以及重建工作室。 我们希望在未来几个月内报告更多详情。

如果您想捐款,请通过 Instagram、X、电子邮件 shino.hakose@gmail.com 还有我的小红书(小红书号9521770055)或任何方便的方式告诉我们您的姓名、电话号码、地址和电子邮件地址。

我们申请了 Paypal。这个电子邮件地址是 shino.hakose@gmail.com

箱瀬工房一門展

2024年6月12日(水)~25日(火) 10:30~19:30<最終日17時閉場>
新宿高島屋10階タイムレスデザイン
〒151-8580 東京都渋谷区千駄ケ谷5丁目24−2

<参加作家>
箱瀬淳一、嶽義人、山崎友典、齋藤弘茂、井坂友美、箱瀬匠子、箱瀬詩野

詳しくはこちら

箱瀬淳一・漆と蒔絵~ゼロから~

2024年5月22日(水)~28日(火) 10:00~18:00<最終日16時閉場>
玉川高島屋本館5階アートサロン
〒158-8701 東京都世田谷区玉川3丁目17−1

詳しくはこちら

ヴァン クリーフ&アーペル
×
箱瀬 淳一

Van Cleef & Arpels x Junichi Hakose
動画再生

2019年の夏、一つの大きなプロジェクトが輪島で行われました。

Van Cleef & Arpels と一緒にお仕事をさせていただいて10年以上。
その一つにパピヨンラケという日本の蒔絵をほどこした作品があります。

この度、その蒔絵の繊細さ、作り手の想い、信念を素晴らしい映像に仕上げていただきました。

Van Cleef & Arpels 社のご厚意によりここで公開させていただきます。

ぜひご覧くださいませ。

 

 

モチーフの位置、数、表現方法

何をとっても普遍的で

ずっと愛されるものを
目指している。

蒔絵の技術をご紹介

蒔絵は、想像のものを描くというよりも、
一番身近なものを描くということが
最初の原点。
そこが出発である。