てわざの極み

ここでは、”てわざの極み”とも呼べる

多くの技術や材料を使った蒔絵を紹介する

筆先がとても長い”蒔絵筆”と呼ばれる筆の先の部分に圧をかけながら「上絵」を描く。
この作業は蒔絵の最後に、芯となる部分を加えることである。

画像は”夕月蒔絵”と呼ばれ、船から人が網を引き揚げているところを切り取った場面。

船のきしむ音、網の勢い、人が生き生きと仕事をするその躍動感を感じることが出来る。

漆はとても粘り気があり扱いにくい。
特殊な筆と粘性が高い漆。
これを自由自在に扱える蒔絵師は少ない。

 

桜のしべも「上絵」である。
周りに点を打ってからしべを伸ばす。
線を引くことはもちろん点を打つことも集中力を使う。

それは花が咲き誇り、生きているその瞬間の画を描き出すため。

桜の毎年必ず咲くその律義さと
早々と散る潔さに想いを馳せながら。

 

干支のぐいのみ。

小さな空間の中にまさに生きている干支たちが楽しませてくれる。

その中でも注目してほしい部分がある。
苦手な人がいるかもしれないがぜひ蛇を見てほしい。
詳しく言うと蛇が巻き付いている”琵琶の弦”だ。

そのピンと張りつめた緊張感。
これは人が描いているのかと見まがうだろう。

銀鈖と漆、卵白を混ぜてこの作業専用の漆を作り、

刷毛で塗っていくと刷毛目が立ち、銀の美しい流れが完成する。

その配分は職人の勘に頼ることになる。

その時の季節、気温、湿度などを考慮に入れながら材料の入れる量を調整。
ゆえに一つ一つの個性が際立ち、唯一無二のものとなる。